業務内容

赤外線構造物診断・外壁診断

赤外線サーモグラフィーでコンクリート構造物の劣化診断

赤外線サーモグラフィーを利用してコンクリート構造物の劣化診断を行います。構造物に接近できなくても遠距離からの撮影により診断が可能です。 外壁仕上げ材(タイルや塗膜)の浮きや剥離、表面コンクリートの浮き・欠損またはひびわれからの漏水を発見し、診断を行います。

赤外線装置法とは?

コンクリートに剥離があると、空気層が形成されます。コンクリートに外熱が加わると、 空気層は断熱材となり剥離部は健全部より高温になります。赤外線装置法ではこの高温 部を赤外線カメラで撮影し、劣化を把握する非接触型調査手法です。

従来の打診法に比べて次のようなメリットがあります
・非接触で広い面積を調査できる(作業効率UP)
・仮設足場等を設置しなくても調査できる(安全性の確保)
・費用が従来の打診法に比べて大幅減(経済性)
・測定結果を画像として記録保存できる(データの信頼性)

測定事例




ページのトップへ戻る