会社案内

ユニバーサルデザインとは

はじめから、すべての人にさまざまなニーズに対応し、皆さんが安全・安心に利用でき、快適に生活していけるように建物・製品・環境・サービスなどを計画、設計(デザイン)することです。

ユニバーサルデザイン 7原則

【1】 誰にでも公平に利用できること。
【2】 使用する上で自由度が高いこと。
【3】 使い方が簡単ですぐ分かること。
【4】 必要な情報がすぐ理解できること。
【5】 うっかりミスが危険につながらないこと。
【6】 体に負担をかけることなく楽に使用できること。
【7】 アクセスしやすいスペースと大きさを確保できること。

ユニバーサルデザインの必要性

これまで設計(デザイン)され、造られた多くの物や様々なサービスの多くは、『健康な大人』を対象とされてきました。
しかし、この『健康な大人』に当てはまらない方はたくさんいます。
そこでバリアフリーという考え方が生まれました。バリアフリーの考え方は大変大切なものですが、特定の人に限られてしまうこと、特別なものを必要としコストがかかってしまうということ、二次的になってしまうことが多く、さりげないデザインでなくなり特別な意識を与えがちになってしまうということなど、弊害も出てきていました。
そういった問題の解消のためにも、『すべての人に』、『さりげなく』といったデザインが、求められるようになりユニバーサルデザインという考え方が生まれ、近年必要性が増してきています。そして、ユニバーサルデザインを推進していくことで、
『人権の尊重』、『施設づくり参画機会の拡大』、『市場の拡大・価格の低下』、
『環境保全や社会の中長期コストの縮小』
といったようなメリットが生まれてくると考えられています。

ユニバーサルデザインへの取り組み

当社として
有志によるクラブ『福祉住環境デザイン研究所』のもとに、ユニバーサルデザインについての講習会やワークショップに参加するなど勉強会を開いてきました。
又、これまでに援護者の情報を管理していく上で使いやすいシステム(要援護者管理システム)を考案しご提供してきました。
今後はユニバーサルデザインの考え方をすべての設計内容に反映させていきたいと思っております。
又、今まで参加してきた講演会やワークショップにも引き続き参加していき、様々な意見を取り入れてそれを多様な部門に反映できるよう色々な形で提案していきたいと思っております。

『ふくしま型ユニバーサルデザイン』についてはこちら ↓↓↓↓↓



ページのトップへ戻る